せきねしんいちの観劇&稽古日記

青年劇場「きみはいくさに征ったけれど」のご案内

青年劇場公演「きみはいくさに征ったけれど」の稽古中です。
TOKYOハンバーグの大西弘記さんの新作書き下ろし。
題材は、大西さんと同じ伊勢出身の詩人、竹内浩三。
23歳の若さで戦争により命を奪われた彼は、多くの詩と手紙と日記を残しています。
戦争に向き合わざるを得なかった彼と現代の傷ついた高校生が出会う物語を、
大西さんがナイーブな心情をていねいにすくい上げて描いてくれました。
去年の夏に訪れた伊勢の街をなつかしく思い出しながら、毎日稽古をしています。
キャストのみなさんによる稽古場だよりはこちらです。
http://www.seinengekijo.co.jp/s/kimiha/tayori/kimityr.html
公演情報は下記をご覧ください。
みなさまのご来場をお待ちしています!

関根信一

>>>

秋田雨雀・土方与志記念青年劇場 第118回公演
「きみはいくさに征ったけれど」

大西弘記=作
関根信一=演出


家にも学校にも居場所を見出せない高校生・宮斗の前に、一人の青年が現れた。
「なんしとん?」

軍国主義一色の窮屈な時代に生き、戦地においてもなお、みずみずしい感性で
「五月のように」「三ツ星さん」「骨のうたう」などの詩を残した竹内浩三。
そんな竹内浩三と現代の高校生が出会ったら…。
大西弘記氏(TOKYOハンバーグ)×関根信一氏(劇団フライングステージ)×青年劇場、
初顔合わせで「今」に届ける期待の新作!


 竹内浩三のポートレート 山田洋次(映画監督)

 竹内浩三の有名なポートレートが二枚ある。
 ひとつは学生時代。角帽をちょっと不良っぽくアミダにかぶり、ゆがめた唇から今にも皮肉な警句がとび出してそのあと大口をあけて笑い出すんじゃないか、と思わせるような表情。
 もう一枚は軍服姿。あのカーキ色の野暮ったい服を着るのはどんなに嫌だったろうかと想像するのだが、しかし彼の表情は学生服姿の時とほとんど変わらない、今にも吹き出しそうな、なにかとてつもなく面白いことを考えているかのようにニヤニヤしている。
 あの時代、軍服姿でカメラにおさまる時は誰でもきまじめな、厳かな表情になったものだ。竹内浩三のようにニヤニヤした軍服姿の写真など、見たことがない。軍隊の中で殴られたり蹴とばされたりしながら人を殺す教育を受けていても、彼のやわらかな人間性はいささかも変ることがなかったのだろう、それでなくてあのような人間味のあふれる表情でカメラに収まるわけがない、とぼくは思う。
 あの写真を撮った何年後だろうか、たぶん二、三年以内だっただろう、この天才詩人はフィリピン戦争で無慚な死を遂げる。米兵かゲリラの弾にあたったのか、あるいは餓死 ー その可能性の方が大きいかもしれない。今際のきわに彼は何を思い、何を口にしたのだろうか。
 竹内浩三を死に追いやったのは誰だ。誰がその命令を出したのだ。その責任は誰にあるのだ。戦争を憎むという言葉を吐くのはたやすいが、しかし竹内浩三の戦死については、責任者出て来い、と思わず声をあげたくなる。ぼくはそれくらいこの人が好きだ。


竹内浩三(たけうちこうぞう)
1921(大正10)年三重県宇治山田市(現伊勢市)生まれ。1942年日本大学卒業とともに入営し、1945年4月9日フィリピン・ルソン島バギオ北方にて戦死(厳密には生死不明)。数多くの詩や漫画が残されており、このチラシに使用しているカットもその一部。(藤原書店提供)


大西弘記(おおにしひろき)
三重県伊勢市出身。2006年、自らの作品を上演するためTOKYOハンバーグを立ち上げる。社会問題を取り扱いながら、その優しい感性で注目を集める。「最後に歩く道」で2015年度サンモールスタジオ選定最優秀演出賞を受賞。
近年では、2016年「愛、あるいは哀、それは相」(作・演出)、2017年「KUDAN」(作・演出)、劇団ポプラ「チョコレート戦争」など。


関根信一(せきねしんいち)
東京都葛飾区出身。1992年「ゲイの劇団」劇団フライングステージを旗揚げ。緻密で繊細、確かな演出力に定評がある。1991年「ぼくのおじさん」で神奈川戯曲賞佳作入選。2016年「新・こころ」「Family, Familiar 家族、かぞく」、2017年「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」(作・演出・出演)など。他に、アート企画陽だまり「空の村号」(作 篠原久美子)、東京演劇アンサンブル「はらっぱのおはなし」(作 篠原久美子)等、数多く演出を手がける。


出演:島野仲代
   中川為久朗
   福原美佳
   秋山亜紀子
   高山康宏
   矢野貴大
   林田悠佑
   池田咲子

美術:乘峯雅寛
照明:河﨑 浩
音響効果:石井 隆
衣裳:宮岡増枝
舞台監督:新庄広樹
演出助手:清原達之
宣伝美術:増田絵里(Design Port)
製作:白木匡子、佐藤尚子

日程:2018年3月13日(火)〜18日(日)
   13日(火)19:00
   14日(水)14:00
   15日(木)14:00
   16日(金)14:00/19:00
   17日(土)14:00/18:30
   18日(日)14:00

会場:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
   JR新宿駅南口徒歩8分、新南口徒歩5分 JR代々木駅東口徒歩5分
   東京メトロ副都心線新宿三丁目駅E8出口徒歩5分
   タカシマヤタイムズスクエア南館7F

チケット:
前売 一般5,150円 U30(30歳以下)3,100円
   中高生シート1,000円(各ステージ20席限定/劇団のみ受付/前売りのみ)
当日 一般5,500円 U30(30歳以下)3,400円
・料金はすべて消費税込です。
・全席指定
・車椅子でご来場の方は準備の都合上、必ず劇団までご連絡ください。

【青年劇場チケットサービス】
 03-3352-7200
 ticket@seinengekijo.co.jp http://www.seinengekijo.co.jp

・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード483-832)
・キノチケットカウンター(店頭販売のみ)
 新宿駅東口紀伊國屋書店新宿本店5F(10:00〜18:30)
・キノチケオンライン http://www.kinokuniya.co.jp


秋田雨雀・土方与志 記念 青年劇場
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-9-20 問川ビル4F
TEL03-3352-6922
FAX03-3352-9418
http://www.seinengekijo.co.jp/

b0137903_18170162.jpeg
b0137903_18172338.jpeg

[PR]
# by shin_ichi_fs | 2018-02-12 18:18 | 舞台

8月13日 台本をめぐるワークショップ『Family,Familiar 家族、かぞく』発表会+トークのご案内

昨年、フライングステージで上演した「Family,Familiar 家族、かぞく」を世田谷パブリックシアターの「台本をめぐるワークショップ」で区民のみなさんと読みます。ワークショップの申し込みは締め切りましたが、最終日の8月13日(日)の発表会+トークのお申し込みを受付中です。
トークゲストには世田谷区議の上川あやさんをお迎えできることになりました。
作品の舞台となっている世田谷区でリーディングができることを、とてもうれしく思っています。
世田谷区の同性パートナーシップ宣誓の現状について上川さんから伺えるのも楽しみです。
みなさまのご来場をお待ちしています!

関根信一

>>>

台本をめぐるワークショップ『Family,Familiar 家族、かぞく』発表会+トーク

https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/201708family_talk.html

b0137903_09205589.png
2015年11月、世田谷区では「同性パートナーシップ宣誓」の受付が始まりました。これは、個人の尊厳を尊重する地域社会を築くために、同性カップルのパートナーシップの宣誓を、世田谷区が公的に受領するというものです。こうした取り組みは、渋谷区でも2015年に施行された「男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」のもと行われています。
劇団フライングステージは、「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしている日本で数少ない劇団のひとつですが、この2つの自治体の同性婚をめぐる事例を題材に、2015年10月にパートナーシップ証明を手に入れるまでの『Friend,Friends 友達、友達』を、2016年11月にその後を描いた『family, Familiar 家族、かぞく』を上演しました。
これらの作品では、パートナーを亡くしたゲイ男性、その友人のゲイカップルと家族、友人たち、それぞれが子どもを持つレズビアンカップル、その子どもたち、一人で生きることを選んだゲイなど、幅広い年齢層の多彩な人物が、現代日本の家族のあり方をさぐっていきます。
今回、ワークショップに参加された人々が、色々な意見を出しながら立ち上げる『Family,Familiar 家族、かぞく』の台本を、最終日にリーディング劇のスタイルで発表する場を設けます。発表会にいらして下さった方たちと家族のかたち、多様な性のあり方など、さまざまな思いや考えを、共に巡らせていく機会にしたいと思っています。
どなたでも大歓迎です。気軽にふらっとご参加ください。

トークのゲストに、心と体の性の異なるトランスジェンダーとして、同性パートナーシップの制度化に取り組んできた世田谷区議会議員の上川あやさんが決定しました。(2017/7/24)


日程:2017年8月13日(日)15:00~17:00
出演:「台本をめぐるワークショップ『Family,Familiar 家族、かぞく』を読む」参加者の皆さん
場所:世田谷パブリックシアター稽古場
進行役:関根信一(せきねしんいち) 劇団フライングステージ代表/俳優・劇作家・演出家
現代日本のゲイの姿をリアルに描く演劇作品を作り続けている。
近作に、同性婚の問題を扱った『Friend, Friends 友達、友達』『Family, Familiar 家族、かぞく』、夏目漱石の原作を現代の視点からとらえ直した『新・こころ』。最近の演出作にドラマリーディング『空の村号』『ブンナよ、木からおりてこい』など。

トークゲスト:上川あや(かみかわあや)世田谷区議会議員

対象:お子様からお年寄りまでどなたでも
参加費:無料
定員:30名程度
締切り:先着順。定員に達し次第受付終了します。
申込み方法:(1)氏名(ふりがな)(2)住所 (3)電話番号 (4)ひとこと を書いて申込みフォームよりお申込みいただくか、劇場受付(03-5432-1526)までお電話ください。
*お申し込みフォーム:https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/apply/eventform.html

お問合せ:世田谷パブリックシアター学芸 03-5432-1526

申込み時のお願い事項:お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。ご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護方針により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的に写真・動画の撮影をする場合があります。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入している保険の範囲内で補償します。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いただく場合があります。

主催:公益財団法人せたがや文化財団
企画制作:世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区
協賛:東レ株式会社




[PR]
# by shin_ichi_fs | 2017-08-09 09:27



劇団フライングステージの 関根信一の日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
◇プロフィール
関根信一(せきねしんいち)
劇団フライングステージ代表
劇作家、演出家、俳優
非戦を選ぶ演劇人の会実行委員

◇リンク
劇団フライングステージ
エンピツ(日記、過去ログ)
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧