せきねしんいちの観劇&稽古日記

KAKUTA「スターマン」 「ラ・マレア横浜」

 午後、青山円形劇場に、KAKUTA公演「スターマン」を見に行く。
 「狂人教育」でご一緒した馬場恒行さん、そして、来年の新作でご一緒する高山奈央子さんが出演。
 キャンプ場を舞台にしたお話。
 タイトルの「スターマン」が、デビッド・ボーイの曲のタイトルだと、見ている途中で気がつき(そういう話が登場するので)、急になつかしく身近な芝居に思えてくる。
 舞台になっているキャンプ場も、なんどかでかけた奥多摩の氷川キャンプ場にイメージが重なってくる。
 軽やかに切ない、とてもいい芝居。
 理由のわからない涙が自然と流れてくる。
 終演後、馬場さん、高山さんにご挨拶して、失礼する。

 夜は、横浜まで行き、吉田町で開催されている「ラ・マレア横浜」を見る。
 野外劇というか路上劇。
 関内駅近くの吉田町の通りの両側で9本の演劇が上演されている。
 一本約10分。終了すると照明が消えて、2分間でリセット。また開演という繰り返し。
 芝居は基本的にセリフがなく、人物の思いはプロジェクターで言葉になって映写されている。
 降り出した雨がどんどんはげしくなったので、1本見た後で駅の近くまで戻り、ユニクロで傘を買う。
 となりの古着屋で目についた紫の着物を衝動買い。
 雨の中、荷物を抱えて、また路上で観劇。
 バーや、本屋や、また誰かの部屋や、パーティが行われている部屋のベランダや、文字通りの路上や、目の前で演じられる場面と、実際のこの街のふんいきの微妙な温度差が楽しい。
 元々はアルゼンチンで初演されたものが、この横浜を舞台にした設定にアダプトされているのだけれど、描かれている人物に「日本人じゃないよなあ」と思える部分がいろいろあって、不思議な異国情緒のようなものをかえって強くかんじた。
 俳優さんたちは、男性も女性もなんだか似たイメージのキャラクターが多かった印象。
 演出プランなのか、演出家の好みなのか。
 腹筋を続ける男性、バーに一人いる初老の男性、部屋で恋人からの電話を待ちづける眠らない女性、書店で恋心に揺れる男性。
 道ですれちがっただけの人にも、その人だけのドラマがある。
 そんなことを考えさせられた観劇体験だった。

 一昨日、出演のお願いをした、クロカミショウネン18の加藤裕さんから連絡をもらう。
 新作に出演していただけることになった。
 とてもうれしい。
 役のイメージがどんどん具体的になる。
 稽古開始がますます楽しみになった。
[PR]
by shin_ichi_fs | 2008-10-05 23:20 | 舞台
<< 富士見丘小学校演劇授業 池田塾... くろいぬパレード 劇団劇作家 >>



劇団フライングステージの 関根信一の日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◇プロフィール
関根信一(せきねしんいち)
劇団フライングステージ代表
劇作家、演出家、俳優
非戦を選ぶ演劇人の会実行委員

◇リンク
劇団フライングステージ
エンピツ(日記、過去ログ)
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧