せきねしんいちの観劇&稽古日記

『ゲキ★BAR』−ニホンカクテル−「桶屋はどうなる」「コカコーラソルジャー」のご案内

b0137903_0464984.jpg


b0137903_0471466.jpg


 世の中と演劇するオフィスプロジェクトM主催の『ゲキ★BAR』 −ニホンカクテル−『ゲキ★BAR』−ニホンカクテル−」で演出で参加します。
 担当作品は、「桶屋はどうなる」と「コカコーラソルジャー」の2本。
 「桶屋はどうなる」は、2012年度の高校演劇の地区大会から東京都中央大会、そして全国大会へと進んだ作品。僕自身の地元といっていい城東地区の大会で何本も作品を拝見している三輪忍さんによる台本です。
 ゴキブリの姉妹と突然変異を起こした野菜の物語。高校演劇の脚本だけど大人がやるからにはそれなりにね、などと考えずに、作品のいきおいにのっかって、全力で走り続ける芝居にしたいなと思っています。
 もう一本の「コカコーラソルジャー」は、劇作家女子会のモスクワカヌさんによるもの。兵士になった夢を見た女が語る戦争。作者からいただいた決定稿ではなく、あえて勢いのある第一稿を上演します。戦争とコカコーラ。めくるめくイメージを一人芝居のスタイルでお送りします。
 公演情報の詳細は、下記をご覧ください。
 スケジュールが複雑でわかりにくいので、僕担当の2作をピックアップしますね。

「桶屋はどうなる」
作:三輪忍 演出:関根信一
出演:白勢未生 南澤舞果 横澤有紀
・2014年9月19日(木)− 9月24日(水)
19日(金)20:00−21:30
20日(土)19:30−21:00
21日(日)19:30−21:00★
22日(月)20:00−21:30
23日(火・祝)14:00−15:30
24日(水)13:00−14:30
*同プログラムの上演「ふ抜けの灯影」作・演出:吉田康一(Antikame?) 
★:アフタートークあり。
 『桶屋はどうなる』作者、三輪忍さんと演出の関根信一です。

「コカコーラソルジャー」
作:モスクワカヌ 演出:関根信一
出演:柿澤あゆみ
・2014年9月18日(木)− 9月24日(水)
18日(木)17:30−19:00 A
19日(金)17:30−19:00 A
21日(日)14:00−15:30 A
*後半の日程は、丸尾聡さん演出、光藤依里さん出演となります。
*同プログラムの上演「汗」 作:相馬杜宇 演出:古川貴義  

チケットのご予約は関根(shin_ichi@flyingstage.com)またはウェブ予約でどうぞ。

>>>

世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
 『ゲキ★BAR』 −ニホンカクテル−


いま私たちの国でおこっていることをテーマに、
けれど堅苦しくない自由な発想でつくられた短編作品を、
おいしい食べ物や飲み物と一緒に味わってもらおうというイベントです。

★1st フルーレ・マルガリータ(F)

「お見舞い」  

作:蘇玉静 演出:丸尾聡  
出演:井料瑠美 都築香弥子 ほか
中国崑崙出身の仁は、日本に嫁ぐ。環境の違いや、日本人のメンタリティに驚き
つつも、子どもを育て日々を過ごす。帰省中に恩師が入院していることを聞き、
親友で中国で暮らす蓮と病院へお見舞いにいく。

「立入禁止区域の恋愛」 
作:丸尾聡 演出:古川貴義 
出演:小杉美香 小山貴司
原発事故の影響で立入禁止となった区域で、作業員として働く若い男性と、区域
内の研究施設で、放射能による生命への影響を調査する女性研究員の哀しくも美
しい恋愛。

「日替わり公演」演出:丸尾聡
「kaigi」作:丸尾聡
 男が「会議」にやってきた。女の目が光った。「誰に言ってるんですか?」
「茶色の朝」フフランク パヴロフ・物語、藤本一勇・訳(大月書店刊)
 いつのまにか、世の中はすべて「茶色」に。警戒すべきだったんだ・・・。
「立入禁止区域の穴」 作:丸尾聡(リーディング上演)
 なんでもかんでもほうり込まれる「穴」の前に男が二人。なんで俺たちこんな
 ところにいるんだ??
「秘密の裏側」作:相馬杜宇(リーディング上演)
 特定秘密保護法に関する政治家、ジャーナリストなど発言で構成した朗読劇。
「パブリックカレー」 作:相馬杜宇(リーディング上演)
 町内会の夏祭りで販売するカレーの具を巡る騒動を通して、公共性とは何かを
 問う。

★2st ソルティー・コーク(S)

「汗」

作:相馬杜宇 演出:古川貴義   
出演:五十嵐ミナ 宇原智茂 小山貴司 須貝英 廣田健 丸尾聡 ほか
自分のエラーによって甲子園行きを逃した男と、練習中に彼の素振りが当たって
高校最後の試合に出られなかった男と、二人の学校を破って甲子園に出場した元
エースの男の25年後。アメリカ、日本、中国の関係になぞらえて描く。

「コカ・コーラ・ソルジャー」
作:モスクワカヌ  演出:関根信一/丸尾聡
出演:柿澤あゆみ 光藤依里(Wキャスト)
戦場でコカコーラを飲みながら、つかの間の夢を見る、若い兵士の一人芝居。

★3st ママーズ・コックローチェ(M)

「桶屋はどうなる」

作:三輪忍 演出:関根信一
出演:白勢未生 南澤舞果 横澤有紀
高校演劇で話題となった本作品、初の一般上演。食べ物がなくなって困窮するゴ
キブリの姉妹。そこに現れたのは、おかしな形の野菜。「わたしを食べちゃダメ」

「ふ抜けの灯影」
作・演出:吉田康一(Antikame?)
出演:檀上太郎 山岡よしき 矢内久美子 他    
音楽・音響:山口紘  
懐かしい夢から目覚めると「壁」をスケッチする兄。「おれは両目をつかって半
分もみちゃいない」と壁に言う。
・・・孤独な人間たちの実存体験。(フリンジ参加)

【日時】
・2014年9月18日(木)− 9月24日(水)

(F)=1st フルーレ・マルガリータ
(S)=2st ソルティー・コーク
(M)=3st ママーズ・コックローチェ
18日(木)17:30−19:00(S)/20:00−21:30(F)
19日(金)17:30−19:00(S)/20:00−21:30(M)
20日(土)14:00−15:30(F)/16:30−18:00(S)/19:30−21:00(M)
21日(日)14:00−15:30(S)/16:30−18:00(F)/19:30−21:00(M)★
22日(月)17:30−19:00(F)/20:00−21:30(M)
23日(火・祝)14:00−15:30(M)/17:30−19:00(F)/20:00−21:30(S)
24日(水)13:00−14:30(M)/15:30−17:00(S)/18:00−19:30(F)

★:アフタートークあり。
 『桶屋はどうなる』作者、三輪忍さんと演出の関根信一です。

【会場】
タイニイアリス

東京都新宿区新宿2-13-6-B1
TEL:03-3354-7307
地下鉄丸の内線・都営新宿線 新宿三丁目駅 下車C8出口から
花園通り、仲通りで右折してすぐ
JR線 新宿駅 下車東口から新宿通りを四谷方向に10分程度

【チケット】
日時指定・全席自由
前売/当日:2,500円 高校生限定割引:1,500円
フリーパス(全公演全回、ご覧いただけます):6,000円
※ひとつの『st』の、一公演全作品を一枚のチケットで御覧いただけます。
※ドリンク&フードは別料金となります。
WEB予約(関根信一扱い)
・Mail:ticket@promstage.com
・TEL:044-900-9931
・FAX:044-900-9213

「世の中と演劇するオフィスプロジェクトM」
[PR]
by shin_ichi_fs | 2014-09-13 00:50 | 舞台
<< 短編劇集 vol.7 秋カフェ... ドラマリーディング「空の村号」... >>



劇団フライングステージの 関根信一の日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◇プロフィール
関根信一(せきねしんいち)
劇団フライングステージ代表
劇作家、演出家、俳優
非戦を選ぶ演劇人の会実行委員

◇リンク
劇団フライングステージ
エンピツ(日記、過去ログ)
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧