せきねしんいちの観劇&稽古日記

8月13日 台本をめぐるワークショップ『Family,Familiar 家族、かぞく』発表会+トークのご案内

昨年、フライングステージで上演した「Family,Familiar 家族、かぞく」を世田谷パブリックシアターの「台本をめぐるワークショップ」で区民のみなさんと読みます。ワークショップの申し込みは締め切りましたが、最終日の8月13日(日)の発表会+トークのお申し込みを受付中です。
トークゲストには世田谷区議の上川あやさんをお迎えできることになりました。
作品の舞台となっている世田谷区でリーディングができることを、とてもうれしく思っています。
世田谷区の同性パートナーシップ宣誓の現状について上川さんから伺えるのも楽しみです。
みなさまのご来場をお待ちしています!

関根信一

>>>

台本をめぐるワークショップ『Family,Familiar 家族、かぞく』発表会+トーク

https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/201708family_talk.html

b0137903_09205589.png
2015年11月、世田谷区では「同性パートナーシップ宣誓」の受付が始まりました。これは、個人の尊厳を尊重する地域社会を築くために、同性カップルのパートナーシップの宣誓を、世田谷区が公的に受領するというものです。こうした取り組みは、渋谷区でも2015年に施行された「男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」のもと行われています。
劇団フライングステージは、「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしている日本で数少ない劇団のひとつですが、この2つの自治体の同性婚をめぐる事例を題材に、2015年10月にパートナーシップ証明を手に入れるまでの『Friend,Friends 友達、友達』を、2016年11月にその後を描いた『family, Familiar 家族、かぞく』を上演しました。
これらの作品では、パートナーを亡くしたゲイ男性、その友人のゲイカップルと家族、友人たち、それぞれが子どもを持つレズビアンカップル、その子どもたち、一人で生きることを選んだゲイなど、幅広い年齢層の多彩な人物が、現代日本の家族のあり方をさぐっていきます。
今回、ワークショップに参加された人々が、色々な意見を出しながら立ち上げる『Family,Familiar 家族、かぞく』の台本を、最終日にリーディング劇のスタイルで発表する場を設けます。発表会にいらして下さった方たちと家族のかたち、多様な性のあり方など、さまざまな思いや考えを、共に巡らせていく機会にしたいと思っています。
どなたでも大歓迎です。気軽にふらっとご参加ください。

トークのゲストに、心と体の性の異なるトランスジェンダーとして、同性パートナーシップの制度化に取り組んできた世田谷区議会議員の上川あやさんが決定しました。(2017/7/24)


日程:2017年8月13日(日)15:00~17:00
出演:「台本をめぐるワークショップ『Family,Familiar 家族、かぞく』を読む」参加者の皆さん
場所:世田谷パブリックシアター稽古場
進行役:関根信一(せきねしんいち) 劇団フライングステージ代表/俳優・劇作家・演出家
現代日本のゲイの姿をリアルに描く演劇作品を作り続けている。
近作に、同性婚の問題を扱った『Friend, Friends 友達、友達』『Family, Familiar 家族、かぞく』、夏目漱石の原作を現代の視点からとらえ直した『新・こころ』。最近の演出作にドラマリーディング『空の村号』『ブンナよ、木からおりてこい』など。

トークゲスト:上川あや(かみかわあや)世田谷区議会議員

対象:お子様からお年寄りまでどなたでも
参加費:無料
定員:30名程度
締切り:先着順。定員に達し次第受付終了します。
申込み方法:(1)氏名(ふりがな)(2)住所 (3)電話番号 (4)ひとこと を書いて申込みフォームよりお申込みいただくか、劇場受付(03-5432-1526)までお電話ください。
*お申し込みフォーム:https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/apply/eventform.html

お問合せ:世田谷パブリックシアター学芸 03-5432-1526

申込み時のお願い事項:お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。ご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護方針により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的に写真・動画の撮影をする場合があります。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入している保険の範囲内で補償します。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いただく場合があります。

主催:公益財団法人せたがや文化財団
企画制作:世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区
協賛:東レ株式会社




[PR]
# by shin_ichi_fs | 2017-08-09 09:27

劇団うりんこ アトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」のご案内

 名古屋の劇団うりんこさんのアトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」の作、演出のため、今月初めから名古屋に来ています。
 子どもにも見てもらえるLGBTを題材にした作品をということで、声をかけていただきました。
 子どものための舞台はこれまでに何作か演出をさせてもらっていますが、劇作は初めて。30歳のゲイ男子が20年前にさかのぼり、10歳の自分に出会う物語が生まれました。
 20年前の1997年は、つい最近のような、遠い昔のような不思議なかんじです。当時の記録を調べ、自分は何をしていたかを振り返って、いろいろな出来事を盛り込みました。当時の記憶をたしかめたくて、写真を探したりしたのですが、すっかりデジカメが主流になってしまった今、プリントされた写真を見ること自体がもう懐かしかったです。
 アトリエ公演でもあり、「子ども向け」ということはそれほど意識してくれなくてもいいですと言っていただいて、もしかするとフライングステージで作っている作品よりもダイレクトにセクシュアルマイノリティについて描いた作品になっているかもしれません。
 小学5年生といえば、性について考え始めたり、学校での性教育があったり、いじめの問題が生まれてきたりといった年頃です。
 いつもはためらってしまう、そんな「子どもを主人公に描く」ということを、今回思い切ってさせてもらっています。子どもに向けての舞台作品を作り続けている、うりんこのみなさんに、大きな力を貸してもらっています。
 稽古の様子などは、こちらの劇団ブログでご覧ください。(うりんこ公式ブログ https://ameblo.jp/urinko1973/
 中日新聞さんが取材記事を掲載してくださいました。こちらの画像もご覧ください。
 今週末が初日です。
 名古屋での上演ですので、なかなかご覧いただけないかと思いますが、お近くの方はぜひご来場いただけたらと思います。
 初日の29日18時半の回にはアフタートークがあり、僕も登壇する予定です。30日14時の回の終演後には、名古屋を中心に活動しているNPO法人ASTAさんによるパネルディスカッションがあります。
 みなさまのご来場をお待ちしています!

 関根信一

b0137903_02053595.jpg
劇団うりんこ アトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」

「おじさん元気だしなよ」10才の“ぼく”がぼくに言った

ぱっとしない人生を送っている30才のぼく。
ある日 鏡を見ていると…
中から 幼なじみの少女が!?
その子は ぼくの手を引いて 鏡の中へ
たどりついたのは 20年前の世界。
そこでぼくは 10才の“ぼく”と出会った!
ぼくは“ぼく”と この世界を冒険することにした…。

【日程】
2017年7月29日(土)〜8月2日(水)

7月29日(土)18:30*
7月30日(日)11:00 / 14:00*
7月31日(月)10:30 / 14:00
8月 1日(火)10:30 / 14:00
8月 2日(水)10:30

*上演時間は約1時間15分の予定です。
*29日(土)18:30の回終演後、アフタートークがあります。
*30日(日)14時の回終演後、名古屋を中心に活動しているNPO法人ASTAさんによるパネルディスカッションがあります。

【出演】
下出祐子、村井美奈、にいみひでお、宮腰裕貴、鷲見裕美、山内まどか、栗本彩

【スタッフ】
作・演出:関根信一(劇団フライングステージ)
美術:岡田 保(演劇組織KIMYO/かすがい創造庫)
照明:四方あさお
衣装:さくま晶子
音楽・音響:内田アダチ
宣伝美術:イラスト/伊藤ちづる
デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿

【入場料】
前売 2,400円 当日 2,900円 
※大人・こども同一料金。4才以上以上有料。
早割 2,200円(劇団うりんこ取り扱いのみ・〆切7月7日[金])

【会場】
うりんこ劇場
名古屋市名東区八前1丁目112

【お問合せ】
劇団うりんこ 052-772-1882 

【お申込み】
劇団うりんこ 052-772-1882 チケットはコチラから
ローソンチケット [Lコード:45483](自動音声24時間受付)0570-084-004
愛知芸術文化センタープレイガイド 052-972-0430
(公財)名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387

【クレジット】
主催:劇団うりんこ
共催:猪子石創造文化会館(うりんこ劇場)
後援:愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会

b0137903_02051355.jpg
*チラシ拡大 オモテ ウラ


[PR]
# by shin_ichi_fs | 2017-07-24 02:10



劇団フライングステージの 関根信一の日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
◇プロフィール
関根信一(せきねしんいち)
劇団フライングステージ代表
劇作家、演出家、俳優
非戦を選ぶ演劇人の会実行委員

◇リンク
劇団フライングステージ
エンピツ(日記、過去ログ)
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧